情報化時代の雑学通信 vol.812

          2020.07.06 vol.812
情報化時代の雑学通信
     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    無線LAN(1)

(2)パソコン情報       無停電電源装置(5)

(3)ビジネス情報       eラーニングと在宅学習(6)

(4)ショップ情報       ドライブスルー(4)

(5)技術情報         冷凍・冷却技術(2)

(6)その他          改正道路交通法
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
      無線LAN(1)
───────────────────────────────────
無線LANとは、無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステムの事を指
 す。
「無線ネットワーク」の意味や概念は普及するに連れて複雑になっているので
 、「無線LAN」という言葉を使用するにはその意味と用途を明らかにしてお
 く必要がある。
今回はBluetoothなど「無線PAN」(パーソナルエリアネットワーク)と呼ぶ近
 距離の無線ネットワークや、携帯電話回線などの「無線WAN」(ワイドエリ
 アネットワーク)と呼ばれる広域の無線ネットワークについては話題からは
 除く。
「LAN」(ローカルエリアネットワーク)の意味としては、「ローカル」には
 地理的構造が、機能的には特定の建物や敷地の内側であるという意味がある
 、故にLANはそのエリアで使用されるネットワークであると言う意味になる。
このLANに「無線」を付けた(有線ではなく無線で通信する)のが無線LANであ
 り、ワイヤレスLAN(Wireless LAN)とも呼ぶ。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
      無停電電源装置(5)
───────────────────────────────────
無停電電源装置(UPS)としては
1:長期の給電目的の装置があり、自家発電が該当する、容量に応じ接続可能
  機器は増える
2:中期の給電目的の装置があり、容量が大きいバッテリーが該当する、1:
  への切り替え時間として使用する事もある。
3:短期の給電目的の装置であり、安全に電源をシャットダウンするまでのデ
  ータ保護が目的となる。

1:はコストがかかるが医療設備や企業や自治体で停止出来ない装置を保有す
 る場所で使用する、それでも接続機器の選別は必要だ。
企業等でオフィスで使用している全ての機器に長時間電力を供給する事はコス
 ト的に高価になり現実的な選択にならない事が多い、そこではバッテリー式
 のUPSの選択が中心になる、必要に応じて拡張バッテリーで容量を追加する
 事にもなる。
一般的な場所ではUPSは「停電時に機器を安全にシャットダウンする時間を稼
 ぐ装置」と考えて、UPSが電力を供給している間に使用中のファイルを閉じ、
 機器を安全にシャットダウンすることが現実的目的となり、この用途は10分
 以下の時間持てば良いのでコスト的にも可能だ。
通信時代ではLANのハブやルータも3:に関しては給電は必要だ、通信でデータ
 書き込み中ではパソコンのみに給電しても通信停止でデータが失われる事に
 なる、バッテリ式のノートパソコン使用の場合には特に注意が必要だ。

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
      eラーニングと在宅学習(6)
───────────────────────────────────
学習方法のトレンドとして、従来の受動的に受講する学習から「アクティブラ
 ーニング」重視への移行がある、アクティブラーニングは学習する側が受け
 身(受動的)ではなく、能動的に学ぶ方法を取り入れる。
アクティブラーニングは学習内容の理解の助けになるので深く理解を進める利
 点があるとともに、学習者・受講者が自ら考える事を促進する事で、主体性
 の育成に有効と考えられている。
eラーニングを使った学習方法としてのアクティブラーニングでは、例えば解
 説した後に質問等で問いかけを行う事で受講者の考えをより深める方法や、
 あるいは会話を中心にした学習の進め形の方法もある。
eラーニングは「アクティブラーニング」等の新しい要素を取り入れて進化し
 て行くことで、企業等では社内研修に導入して、効果的に社員のレベルアッ
 プを図かろうと目指している。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       ドライブスルー(4)
───────────────────────────────────
2020年の新型コロナウイルスの流行で、人と人との接触を最小限に抑える必要
 になり、政府は緊急事態宣言を出して、必要以外の外出自粛を要請した。
ドライブスルー方式は人との接触を少なくすると考えられるので注目された、
 外食店では店内での飲食が難しくなりテイクアウトを推進してきたが、その
 一方法としてドライブスルーが積極的に導入された。
レストランやホテルへの食材の供給が減少した生鮮食品を扱う所では、商品が
 余る事になりドライブスルー方式での販売を行った、そしてその定期化を進
 めている。
一方では新型コロナウイルスの感染が疑われる人の検体のPCR検査をドライブ
 スルー方式で行う事が各地で実施された。
名古屋市は医師からウイルス感染の疑いがあると診断された軽症者を対象にし
 て、検体をドライブスルー方式で採取するPCR検査所を設置した、テント式
 ブースに車で入り問診票と保険証を提出して、体温と酸素濃度を測定後に医
 師が検体を取る、対象者は車から降りず終える。
豊橋市は市保健所のガレージを使い、医療機関で検査が必要と判断された市民
 に車で来てもらい、車に乗ったままで患者から医師が検体を取る方法を行っ
 た。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       冷凍・冷却技術(2)
───────────────────────────────────
冷蔵庫は、冷媒物質を使い冷蔵庫内の熱を奪って外に放出するのが基本で、冷
 媒の状態と温度変化を管理して冷却し続ける、その仕組みを冷凍サイクルと
 呼ぶ。
冷凍サイクルは「膨張」「蒸発」「圧縮」「凝縮」の四状態を繰り返している
 、「膨張」部で冷媒の温度や気圧を下げて、「蒸発」部で周囲の熱を奪い蒸
 発させる、この工程が冷却を実際に行う部分だ。
気化している冷媒に圧を加えて「圧縮」部で圧縮して、それを「凝縮」部で凝
 縮させて元の液体に液化させる、そして再び最初の「膨張」部の工程に戻る
 ことを繰り返す。
このサイクルでは圧縮を利用して閉じたパイプの中を冷媒が循環する、それ故
 に圧縮型と呼ばれる、家庭用冷蔵庫では圧縮を行うために電気作動のコンプ
 レッサを使用する事が多く、それが一般の電気冷蔵庫となる。
冷蔵庫にはヒートポンプという技術が利用されていて、冷蔵庫内のパイプの中
 で冷媒を循環させながら冷凍サイクルを行うのが気化圧縮型のヒートポンプ
 になる、パイプの太さを変えることで冷媒の温度がさらに下がって、低温の
 冷媒が冷蔵庫内のパイプを循環することで冷蔵庫を冷やす仕組みになってい
 る。

───────────────────────────────────
(6)その他
      改正道路交通法
───────────────────────────────────
2020/06/30に、あおり運転(妨害運転)に対する厳罰化などを盛り込んだ改正
 道路交通法が施行された、具体的なあおり(妨害)運転の対象となる違反10
 項目を設定した。
具体的な罰則については、違反行為を他車両などの通行を妨害する目的で行っ
 た場合に適用する懲役・罰金・免許取消を定めた。
なおかつ高速道路で車を止めさせるなど特に危険な場合に適用するより厳しい
 懲役・罰金・免許取消をも定めた。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
□ 発行 ........... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
□ 問い合わせ ..... dream071152@ybb.ne.jp 
□ 運営サイト...... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
□ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
□ バックナンバー.. http://zatugaku.at.webry.info/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
□ 発行システム  
発行ホームページ
配信・解除 
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
        ↑
登録や解除は発行ホームページか、発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載を禁じます
All Rights Reserved (c)2004-2020- by shadow
───────────────────────────────────

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント