情報化時代の雑学通信 vol.808

          2020.06.08 vol.808
情報化時代の雑学通信
     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    クラウド・サービス(3)

(2)パソコン情報       無停電電源装置(1)

(3)ビジネス情報       eラーニングと在宅学習(2)

(4)ショップ情報       緊急事態宣言と店舗・ネット通販(6)

(5)技術情報         冷凍・冷蔵(4)

(6)その他          「富岳」のコロナ危機への利用
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
      クラウド・サービス(3)
───────────────────────────────────
SaaSは「Software as a Service」の略で、クラウドで提供されるソフトウエ
 アとサービスを指す、ユーザー側がソフトウエアをローカルパソコンにイン
 ストールせずに、提供側(プロバイダ)側がネット上でソフトウエアを稼働
 させて、ユーザーはネットワーク経由でソフトウエアの機能を利用する。
SaaSには、アプリケーションソフトウエアにおける必要な機能を必要な分だけ
 サービスとして利用できる提供形態を指す意味もある、その場合はパッケー
 ジ製品として販売されていたソフトがインターネット経由で利用できる事に
 なる意味も含む。
これらを含めて、一般にインターネット経由で必要な機能をのみ利用する仕組
 みを指す、1つのプログラム(システム)で多数の利用者に対応する事から
 シングルシステム・マルチテナント方式となっている。
利用者はインターネット上で登録すれば直ぐに利用開始出来るので便利だと言
 える、逆に同一システムを全員が使用するので自由度が低く、独自開発のプ
 ログラムを使いたい場合は他のサービスを利用する必要がある。
例えばGmailなどのメールサービスや、ブログサービスeなどSaaSの例だ。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
      無停電電源装置(1)
───────────────────────────────────
パソコン等の電子機器は電源障害が起きると機能が停止してビジネス業務も停
 止してしまうが、停止だけでなくパソコンや記憶装置やネットワーク機器の
 故障にも繋がり、さらには重要なデータの損失というトラブルを招く可能性
 もあり、ビジネスに大きな障害を及ぼす事もある。
電源障害または停電状態は、1:電源供給なし、2:瞬間停電、3:操作ミス
 によるコード抜けやスイッチオフ発生、4:雑音等での不安定動作等も含ま
 れる。
停電・電源障害発生時に電力を供給するのが「UPS(Uninterruptible Power
 Supply)=無停電電源装置」だ。
そこには、電力供給時間による分類、目的での分類(稼働・バックアップ・終
 了時間稼ぎ)、電子機器単位のバッテリーの有無での分類が可能だ。
無停電電源装置(UPS)は大事なデータを扱いそして業務を止めらないビジネ
 スでは必須の機器であるが、最近では価格の低下が起こり個人の導入も増え
 ている。

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
      eラーニングと在宅学習(2)
───────────────────────────────────
eラーニングのメリットは
・時間や場所の制限が少ない学習が可能。
 eラーニングの最大のメリットは、通信環境と言う制限があっても、受講者
 個人が都合のよい時間と場所を選んで学習が可能な事だ、現在ではスマート
 ホン等のモバイル端末を用いてのeラーニングが増えてきて「場所を選ばな
 い」状況になって来た。
 モバイル端末使用では「マイクロラーニング」(短時間で学習する方法)が
 登場して、それはスキマ時間学習に向いている。
・教育の質が講師により差で生じる事が減少出来て均一になりやすい。
 通常の対面型学習では教育の質が講師の質に影響されるデメリットがある。
 eラーニングでは、同じ学習教材を用いて教育の質を均一の出来やすい。
 または教材等の改変・アップデートが容易であり、最新教材を提供できる。
・学習の進捗状況やフィードバックを一元管理可能だ。
 eラーニングならばオンラインで受講者の管理ができるので、進捗状況やテ
 スト結果が自動的に処理できる。

eラーニングは最初は企業の教育ニーズで注目された、社員数と拠点数が多い
 企業では対面型・集合合宿形は制限が多い。
 eラーニングは仕事で忙しい社員や遠隔地でも受講が可能でありeラーニン
 グのメリットは全て企業での教育に適合する、まずはそこから拡がった。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       緊急事態宣言と店舗・ネット通販(6)
───────────────────────────────────
緊急事態宣言発令以前に新経済連盟の三木谷代表理事は賛同企業145社の総意
 として政府に「緊急事態宣言発令の必要性」と「経済界の立場で実施と協力」
 を述べていた、そして発令後に「緊急事態にデジタル技術を通じた革新的な
 解決策を提示できる」と公式に表明した。
新経済連盟の提案では「収束までの短期・中期的な具体策。経済・社会の対応
 手当て。オンライン生活や事業にシフトする施策」「コロナ問題を機会とし
 て、世界最先端のデジタル社会の実現へ取組の必要性」が有った。
緊急事態宣言発令後のネット通販やオンラインシステムでは幾つかのトラブル
 や渋滞が起きた、これは提案の中の「Online Ready=オンライン環境が準備
 されている」を不安視させたが、徐々に改善されつつある、また「ソーシャ
 ルディスタンス(WHOは最近にフィジカルディスタンスの用語を使用)の啓
 発活動を進める」に関しては定着している。
経済産業省の資料では2017年の日本の電子商取引(EC)比率は7.9%で、中国
 の20.4%や米国の11.8%と比べて少なかった。
緊急事態宣言の発令と外出自粛は日本のインターネット通販の利用を増やし、
 比率の低い電子商取引(EC)が拡大する可能性があり、企業にもEC投資
 の機会になりえる。
店舗の売上げ低下や消費冷え込みをECが短期的には補いきれないだろうが、
 オンライン購買習慣の定着可能性はあり、長期的には企業と消費者との接点
 がオンラインで増える可能性は高いと予想される。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       冷凍・冷蔵(4)
───────────────────────────────────
冷凍・冷蔵に関する規格・規定は明確ではない。
農林水産省規格(JAS)では、冷蔵は10℃以下での保存、チルドは5℃以下、冷
 凍はマイナス15℃以下だ。
日本工業規格(JIS)では、冷蔵に関する規定はなく、チルドは0℃付近、パー
 シャルはマイナス3℃付近の温度帯と定められ、冷蔵の温度はチルドより上
 (5℃程度)となる。
 注:パーシャルは「半凍結・微凍結状態」まで冷却し保存が可能
   チルドは「凍結寸前」の温度に冷却し保存が可能
チルド食品の定義は、JASでは「チルド食品とはチルド温度帯において冷蔵し
 てあるもの」で具体的な温度は規定していない、食品ごとの特性にあう温度
 帯を業界で自主的に定める目的が理由だ。家庭用冷蔵庫を考慮した広い解釈
 では「10℃以下で冷蔵保存が必要な食品」ともなる。
物流では配送・保管時の温度指定を表し、一般には冷凍・冷蔵・常温の3種類
 で呼ばれておりこれらを3温度帯と呼ぶ。実用では配送商品の特性で細かい
 区分が行われる事になり、冷蔵倉庫は3温度帯の中の冷凍・冷蔵の温度帯を
 提供する。

───────────────────────────────────
(6)その他
      「富岳」のコロナ危機への利用
───────────────────────────────────
新型コロナウイルス対策のワクチンや治療薬の開発にスーパーコンピューター
 や量子コンピューターを使用する動きが世界で広がり、日本では2020年4月7
 日に理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」が稼働を1年前倒しし
 て運用を開始した。
自然災害などの緊急事態への対処は富岳の開発時点からの狙いであり、前倒し
 運用は富岳の一部だけだが、その性能だけで国立大学や国立研究開発法人所
 有のスパコン全体の計算能力を上回る、富岳の計算能力は「前世代機の京」
 の約50-100倍を有するとされる。
「富岳」での新型コロナウイルスの薬の開発などの研究の成果が2020/05/15報
 告された。
新型コロナウイルスがヒトの細胞と結合する時の変化を調べる研究は「富岳」
 の計算能力で特定の構造への変化が予測できるようになったとされた。
新型ウイルスの経済への影響を予測する研究では、企業間の取引額のデータを
 基に解析を行い、地域や産業ごとのダメージがシミュレーションが可能にな
 ると報告された。
せきやくしゃみの飛まつ経路を予測する研究なども報告された。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
□ 発行 ........... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
□ 問い合わせ ..... dream071152@ybb.ne.jp 
□ 運営サイト...... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
□ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
□ バックナンバー.. http://zatugaku.at.webry.info/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
□ 発行システム  
発行ホームページ
配信・解除 
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
        ↑
登録や解除は発行ホームページか、発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載を禁じます
All Rights Reserved (c)2004-2020- by shadow
───────────────────────────────────

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント