情報化時代の雑学通信 vol.799

          2020.04.06 vol.799
情報化時代の雑学通信
     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    メールマガジン(6)

(2)パソコン情報       ウエブカメラ(4)

(3)ビジネス情報       フェア・見本市(5)

(4)ショップ情報       たばこ販売(3)

(5)技術情報         ガラス・ガラス状態(1)

(6)その他          新型コロナウイルス感染拡大の防止に役立つ
                データ
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
      メールマガジン(6)
───────────────────────────────────
メールマガジンは一方向的に具体的な情報伝達する目的から、電子メールの中
 では通信量・情報量・データ量は大きく、読むのに多くの時間を要する。
テキスト形式の電子メールを利用したメールマガジンから始まりその後に、情
 報通信回線の発達によりHTML形式の電子メールを利用したメールマガジンも
 発行されて来た。
どちらの方式でも、リンクアドレスを埋め込む事で膨大な情報量を加えたり、
 リンクも出来る、それらにはウエブサイトや動画・静止画等のマルチメディ
 ア等が含まれる。
インターネットにSNSが登場した事でSMS(ショート・メッセージ・システム)
 の利用が増えたと同時に双方向性や半一方向性として使用される事も多かっ
 た、次第に静止画・動画を利用する事にもなった。
その流れはスマートホンの登場と普及で加速されて来たが、そこでの特徴であ
 る軽量性・モバイル性・ショートメッセージ性が拡がった事で、テキスト情
 報量の大きいメールマガジンや画像を含むHTML形式メールマガジンは日常の
 操作スタイルに必ずしも合っていない事になった。
パソコンユーザーを中心にしてメールマガジンは継続的に利用されている。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
      ウエブカメラ(4)
───────────────────────────────────
デスクトップパソコン+ウエブカメラ、あるいはウエブカメラ内蔵ノートパソ
 コンでの動画配信は一般化して来た。
スマートホンとタブレット端末ではカメラ機能が急激に高性能化した、そこで
 は近年では動画撮影用としても性能が高くなり、かつネットワーク通信機能
 をも持っている。
スマホの使用方法としては、ネットワークカメラ用途は可能であるし、または
 デスクトップパソコンの外部接続機器としてのウエブカメラとして使用する
 事は可能だ、前者は基本機能だし、後者としてのアプリは登場している、た
 だしカメラ機能はスマホ機器としてはごく一部の能力であり、臨時・短い時
 間使用する=わざわざウエブカメラを購入するのは無駄という様な場合に限
 る。
スマホ等をコントロール機器・ビデオチャットとして使用する場合は、映像表
 示画面サイズやキーボード等の入力などが課題となる、追加で外部接続機器
 を使用する方法は有るので、長期使用を考えるとトータルの費用対効果の問
 題となるだろう。
スマホの大画面化、タブレット端末のタッチペンと専用キーボード使用等とノ
 ートパソコン化の動くが起きており、状況は刻々と変化している。

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
      フェア・見本市(5)
───────────────────────────────────
フェア・見本市は、バーチャルイベントとしても行われている。
バーチャルイベントとは、展示会・見本市・フェアなど実際に大規模会場等で
 イベントとして開催している内容を、インターネットでのオンラインで実現
 したサービスだ。
バーチャルイベントでは来場者(=ネットのウエブサイトへの来場者)はオン
 ライン環境で、講演会の視聴や、電子データとして資料を入手する手段での
 情報収集が可能となっている、またウエブチャットやテレビ会議を使用して
 来場者同士や展示ウエブサイトの担当者との間でコミュニケーションも可能
 だ。
バーチャルイベントではウエブサイトのページに、見本市のイベント会場のそ
 れぞれの機能を割り振る構成を取る事が多い。
ポータルサイトに当たるのがエントランスであり、そこに入場してから他の会
 場に分岐して移動する方式になる、同時にそこではメッセージや電子的名刺
 交換や、チャットや掲示板等のツールを使用して、来場者と出展者(出展企
 業)間での接触と意見交換が行う事が出来る。
その他には例えば展示スペースに当たるウエブサイトページが多数設置される
 、講演会場に当たるウエブページでは講演やセミナーを動画配信形式で視聴
 できる、テレビ会議的に質疑応答も可能な事が多い。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       たばこ販売(3)
───────────────────────────────────
「出張販売許可」は既にたばこ販売許可を持っている者が、それで取得してい
 る許可場所以外の場所で販売をするときに必要な許可であり、出張という表
 現がされる。
「出張販売許可」は出張場所1ケ所ごとに個別で許可が必要になる。
具体例としてはたばこ販売店舗以外の、異なる離れた場所に自販機を置くケー
 スがある、このケースでは「特定免許」と同じ条件で喫煙設備の設置が義務
 づけられる。
他の例では、季節的又は一時的に人が集まるイベントや場所での出張販売のケ
 ースがある、例えば夏の海水浴場や春の花見などがあり、神社祭りや地域の
 類似イベントなどがある、この場合では喫煙設備の設置義務は免除されるケ
 ースもある。
当然だがイベント会場などで一時的であっても、出張許可を得ていない場所で
 はたばこを販売は違法で禁止されている、個々に許可を得る必要がある。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       ガラス・ガラス状態(1)
───────────────────────────────────
物質の3状態は固体と液体と気体であるが、それ以外にもいくつかの状態があ
 る、その1つが無定形であり、その中にガラス・ガラス状態がある。
物質を高温で溶融させて、結晶が出来ない状態で急激に温度を降下させると、
 粘性が増して凝固して硬い固体(固化溶融物)になる、この固化溶融物をガ
 ラスと呼ぶ、ガラスは結晶状態である固体とは異なって規則的な原子配列を
 していない。
別の定義としては、高温溶融状態の液体を冷却するときに、一定の凝固点(液
 体から固体への相転移温度)を示さずにだらだらとした温度幅で凝固する非
 結晶質の固体の総称を指す、この明確な相転移温度を示さない凝固過程をガ
 ラス転移状態と呼ぶ。
ガラス状態をとる物質としてはケイ酸塩ガラスや硫黄やセレンなど無機物があ
 り、それらの他にはポリエステルやポリエチレン等の有機物・プラスチック
 もある。

───────────────────────────────────
(6)その他
       新型コロナウイルス感染拡大の防止に役立つデータ
───────────────────────────────────
内閣官房・総務省・厚生労働省・経済産業省は2020年3月31日に、プラットフ
 ォームや携帯電話の事業者に対して、新型コロナウイルス感染拡大の防止に
 役立つデータの提供を要請し、政府は携帯電話ユーザーの移動やサービス利
 用の履歴から統計的に集計・解析したデータを活用して、地域で人の流れを
 把握したりクラスターを早期発見したり、感染拡大の防止に役立てるとした。
政府が企業にデータ提供を求めるのは異例であり、厚労省は個人情報保護法の
 「例外規定」の適用にも言及した。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
□ 発行 ........... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
□ 問い合わせ ..... dream071152@ybb.ne.jp 
□ 運営サイト...... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
□ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
□ バックナンバー.. http://zatugaku.at.webry.info/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
□ 発行システム  
発行ホームページ
配信・解除 
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
        ↑
登録や解除は発行ホームページか、発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載を禁じます
All Rights Reserved (c)2004-2020- by shadow
───────────────────────────────────

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント