情報化時代の雑学通信 vol.779

          2019.11.18 vol.779
情報化時代の雑学通信
     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    モブログ(4)

(2)パソコン情報       電子ブックリーダー(2)

(3)ビジネス情報       交通カード(3)

(4)ショップ情報       包装と梱包(1)

(5)技術情報         宇宙論(5)

(6)その他          東京駅の飲食店の混雑度の可視化
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
      モブログ(4)
───────────────────────────────────
携帯電話(従来型)からモブログ対応のパソコンブログに投稿するには、事前
 にパソコンを使用して設定を行う必要がある。
モバイル機器使用時に初期設定でパソコンが必要な事はインターネット関連で
 はかなりある、初期のスマートホンやタブレット端末でも同様であったし、
 パソコン用の無線Wifiをスマホ等で使用する時も有線Wifiで初期設定する事
 はあった。
携帯電話(従来型)でモブログを行う場合は事前に携帯メールアドレスを登録
 しておく必要もある、ただし携帯電話会社独自規格の簡易メール機能では投
 稿出来ないので、電子メール送信機能を使用する。
モブログ投稿の手順は下記となる
 ・携帯メール件名に「ブログ記事のタイトル」を入力する。
 ・携帯メール本文に「ブログ記事の本文」を記入する。
 ・ブログに画像を加える場合には、その画像を添付する。
 ・登録した携帯メールアドレスから、投稿先として定められたメールアドレ
  ス宛てに携帯メールを送信する。
携帯メールアドレス事前登録が、通常のログイン情報の登録に当たる。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
      電子ブックリーダー(2)
───────────────────────────────────
電子書籍と電子ブックリーダーは電子データの供給方法が開発される事で進化
 してきた。
第一世代「外部メディア利用型」
新聞・雑誌・書籍等の紙ベースの印刷型の出版物を、携帯型の電子機器の画面
 読む考えタイプだ、勿論デスクトップパソコンで読んでもよいが紙印刷本よ
 り大きく移動しにくい方法は長所・欠点を比較するときに判り難いので省い
 て考える傾向だ。
 1990年頃から小型の専用機器が販売されて、電子書籍の普及がはじまった。
 広義では電子辞書も国語辞典や英和辞書を閲覧する電子ブックリーダーの一
 部と考えられる。
第二世代「コンテンツ内蔵型」
 インターネット利用が広まった2000年付近には、テキストファイルでの著作
 権切れ作品のテキスト化や著作者自身のコンテンツ配布が行われた。
 その後の2000年代にコンテンツへの課金方法が整備されて、有料メディアと
 しての小説やコミックや雑誌や写真集等が電子書籍として登場した。
 方法としてはダウンロード型とオンラインで閲覧するストリーミング型の2形
 態があり、ファイル形式やデータ形式が乱立した、その為に多くは標準とは
 なっていない。
第三世代「3G通信経由ダウンロード型」
 スマートホンの普及でモバイル無線通信(3G通信)が普及した、その回線を
 使用してのダウンロード型販売モデルが登場して普及して来た。

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
      交通カード(3)
───────────────────────────────────
日本での交通カードは鉄道における磁気カードでの接触式として、自動改札と
 オンラインのシステムの一つとして普及した。
交通カードとしての用途拡大と偽造防止能力の向上とさらには電子マネー機能
 搭載を見据えての、交通カードのICカードへの移行が行われて拡がって来た。
2001年にJR東日本が日本で始めてICカード乗車券「Suica」を導入した、そこ
 ではソニーの非接触式ICカード技術「FeliCa」を採用した、その後に全国の
 鉄道会社が独自のICカード乗車券を導入して、数としてはICカード乗車券は
 乱立した。
ただしICカード乗車券の種類は多いが方式は「FeliCa」で同じであった、その
 事から近畿圏で2006年にJR西が採用していたICOCAと民間鉄道会社が採用して
 いるPiTaPaが乗車カードとしての相互利用を始めた。
JR東日本は首都圏で、2007年にSuicaとのICカード乗車券機能互換としてPASMO
 が導入されたが、それは首都圏ICカード相互利用サービスの電子マネー機能
 との完全互換利用を含めて導入された、その後翌年にJR東・東海・西でICカ
 ード乗車券の相互利用が始まり広まった。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       包装と梱包(1)
───────────────────────────────────
店舗販売や小売り販売に於いては、販売した商品を包装する事が普通の作業と
 なっている。
その目的は例えば、商品を外から見えなくする目的や、決済済みの商品である
 事を示す目的や、移動のハンドリングを向上させる目的や、移動中に傷つけ
 ない保護の目的等が有り、購入目的によっては贈答品用のラッピングが行わ
 れる。
包装材料は最後には廃棄される事が一般であり、現在では廃棄物処理が社会問
 題化されている事から簡易包装が検討されて導入されている、だが簡単には
 省けない用途もある。
インターネットとネットショップが拡がりネット通販が普及しているが、そこ
 でも包装の問題は存在する、だがそれに加えて郵送・宅配用の梱包の問題が
 加わる、ネット通販における包装と梱包は材料・手数料の費用面と輸送中の
 破損対策と商品内容の秘匿という直接的な理由からだけでも重要な課題とな
 っている。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       宇宙論(5)
─────────────────────────────────----
宇宙原理の仮定ではハッブルの法則は宇宙の膨張を示すが、そこからは1:ル
 メートルとガモフが発展させたビッグバン理論と、2:ホイルの定常宇宙モ
 デルがある、後者の定常宇宙モデルでは銀河が遠ざかると新しい物質が生ま
 れて宇宙はいつでもほぼ同じ姿になる。
両方のモデルの支持者は同様にいたが、その後宇宙は高温高密度から進化した
 説を支持する観測的証拠が見つかり始め、1965年の宇宙マイクロ波背景放射
 発見以後はビッグバン理論が宇宙の起源と進化を説明する理論と見なす人が
 増えた。
当初はトールマンの振動宇宙論があり、それでは宇宙の初期の密度無限大の特
 異点は数学的であり、実際の宇宙は高密度の前には収縮していてその後膨張
 すると考えた、だが1960年代にホーキングとペンローズが、振動宇宙論では
 なく、特異点はアインシュタイン理論の本質的性質だと示した。
これらの結果から研究者の多くは宇宙が有限時間の過去から始まったビッグバ
 ン理論を受け入れた、ただ一部の研究者は定常宇宙論やプラズマ宇宙論等を
 支持している。

───────────────────────────────────
(6)その他
       東京駅の飲食店の混雑度の可視化
───────────────────────────────────
JR東京駅構内の商業施設を運営する鉄道会館は2019/10/30に、JR東京駅の改札
 内にある飲食店の空き情報を、駅のデジタルサイネージやスマートホンで確
 認できるサービスを始めた。
狙いを「混雑状況を可視化して客が空いている飲食店を見つけやすくするため
 」とした。
飲食店の天井に設置したカメラの映像をAI(人工知能)が解析して、混雑状況
 を可視化する。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
□ 発行 ........... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
□ 問い合わせ ..... dream071152@ybb.ne.jp 
□ 運営サイト...... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
□ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
□ バックナンバー.. http://zatugaku.at.webry.info/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
□ 発行システム
発行ホームページ
配信・解除 
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
        ↑
登録や解除は発行ホームページか、それぞれの発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載を禁じます
All Rights Reserved (c)2004-2019- by shadow
───────────────────────────────────

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント