情報化時代の雑学通信 vol.776

          2019.10.28 vol.776
情報化時代の雑学通信
     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    モブログ(1)

(2)パソコン情報       ドッキングステーション(5)

(3)ビジネス情報       ICカード(6)

(4)ショップ情報       書籍販売・古書販売(4)

(5)技術情報         宇宙論(2)

(6)その他          アマゾンがオラクルDBを自社開発に移行
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
      モブログ(1)
───────────────────────────────────
「モブログ」という言葉は和製の造語であり、「モバイル=mobile」を「ブロ
 グ=blog」に加えている。
モブログとは、携帯電話などの携帯通信端末からインターネットに接続して閲
 覧・投稿ができるブログ(ウェブログ)のことを指すが、同時にブログを更
 新する行為を意味する時にも使用する。
ブログはパソコン上でのウエブサイト閲覧ソフトであるブラウザから、書き込
 みや更新が可能であり、ウエブサイトの書き込みや更新専用のテキストエデ
 ィタやFTP(ファイル転送ソフトウエア)を使用しない簡単さで普及した。
日本では独自に発達した携帯電話用ネット環境のiモードの影響もあり、携帯
 電話(従来型)からブログを閲覧する行為と、携帯電話からブログに書き込
 み・更新する行為が望まれて、一般のブログ側でも機能がサポートされた。
モバイル機器がスマートホンやタブレット端末に移行して来ても、スマホを使
 ってブログの更新を行う事は行われている。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
      ドッキングステーション(5)
───────────────────────────────────
パソコン等の外部接続用のコネクターは、外部機器に応じた専用コネクターか
 ら始まり、次第に共用・標準化が行われてユニバーサルコネクターへと変遷
 した、その代表がUSB(Universal Serial Bus)であった。
USBはデスクトップパソコン用としては小型であったが、その後のノートパソ
 コンとその後の一層の小型・モバイル化に対応して小型化や薄型化(フラッ
 ト)が行われた、同時に省スペースの目的から多機能化が図られた、複数外
 部機器との同時接続が必要な時にはポートリプリケーターとしてのドッキン
 グステーションが使用される、それはスマートホンやタブレット端末にも受
 け継がれて来た。
現在のドッキングステーションのイメージは
・ケーブル一本で接続
・複数機器を挿抜する手間を解消
・オフィスでの大量使用が容易に可能で、整理された仕事環境を実現する
・互換性が高い
・USB急速充電機能の追加
・将来的な新規格への対応=新コネクターとドックを介して旧コネクタと繋ぐ
・最新技術に対応>ポートリプリケータ以上の機能を提供へ

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
      ICカード(6)
───────────────────────────────────
日本においてはキャッシュカードとクレジットカードのICカード化とは別に、
 独自の展開が行われたのが携帯電話(従来型)アプリケーションとしての「
 おサイフケータイ」であり、その機能はNTTが提供した。
他の携帯事業者のauとボーダーホン(現・ソフトバンク)もそれに続いて同じ
 機能を提供した、「おサイフケータイ」の機能には非接触型ICカードFeliCa
 が使用された。
鉄道分野では「汎用電子乗車券技術研究組合」が設立されて技術検討が行われ
 、その後に2000年にICカードを利用した乗車券の規格(サイバネテックス規
 格)が定められた。
鉄道では磁気記録方式の接触型のカードによる自動改札システムや、切符等の
 発券システムが導入されて普及していた、ICカードを利用した乗車券の規格
 が作られた事で、その後にJRや私鉄などでICカードの導入が進んだ。
交通用ICカードは項を変えて取りあげる。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       書籍販売・古書販売(4)
───────────────────────────────────
古書は原則的に現品のみの1品販売であるので、古書店は一般書店と異なる商
 品と販売方法を行ってきた。
流動商品が圧倒的に少なく商品の入れ替えではなく補充が原則だ、記載定価は
 無関係で個々に異なる価格を設定するので価格も現品のみの1品となる、そ
 して在庫が続くと価格を変える場合もある、ただし販売側の判断となるので
 価格を高くする場合も有り得る。
古書店は仕入れは独自のルートで行っていて、仕入れ・価格設定・販売戦略全
 てが商品知識と古書販売知識によるものだった、そこの商品は時代的にも古
 書を多く扱い付加価値で販売当時の価格をうわまる商品も多い、レア本・マ
 ニア向け本のイメージは大きく、古書の言葉に相応しい。
そこに複数店舗展開する古書店が登場した、ブックオフを代表とする新しい古
 書店群は新戦略でビジネスを拡げた、そこで扱う商品はユースド本と呼ばれ
 る事が相応しいともいえる、そのビジネスモデルは後述する。
一般古書店は古書市や1品商品のカタログ販売という手法で顧客の拡大を図っ
 たがそれはやがてネットの普及によりネット通販へと変わった、ウエブサイ
 トでの商品棚や電子メールカタログは有効な手段となった、一方ではブック
 オフ等の新ビジネスモデルでも出版不況や本の販売低迷の影響もありネット
 通販の比率を高めた。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       宇宙論(2)
─────────────────────────────────----
2019年度のノーベル物理学賞受賞者のピーブルズは、現代宇宙論の理論的枠組
 みの確立に大きく貢献した。
1965年に宇宙マイクロ波背景輻射(CMB)が発見されたが、ピーブルズは当時の
 プリンストン大学のCMB探査グループの一員だった、それを最初にして以降
 はビッグバン宇宙論の基礎理論の確立への大きな貢献をしてきた。
今ではCMBは、観測的宇宙論を扱う分野での最も精度の高い基礎データとなっ
 ているが、ピーブルズはその温度非等方性を定量的計算する方法論を作り上
 げてきた。
ピーブルズはその他に
・宇宙誕生約3分後に形成されたヘリウムの存在量
・約38万年後に起こった宇宙の再結合(電離水素が中性化する過程)
・膨張宇宙における密度揺らぎの線型成長とその後の非線形成長モデル
・相関関数を用いた銀河分布の統計的記述
等の現代宇宙論で扱われている基礎過程の理論的定式化を確立した来た。
個々のテーマについては同時受賞に相当する研究者も存在するとも言われてい
 る。

───────────────────────────────────
(6)その他
       アマゾンがオラクルDBを自社開発に移行
───────────────────────────────────
米アマゾンは2019/10/15(米国時間)に、社内からOracle Database(DB)を
 「全廃」したと発表した。
アマゾンは今後はMySQLやPostgreSQLと互換性のある分散型リレーショナルDB
 (RDB)サービスのAmazon Auroraや、NoSQLのDBサービスのAmazon DynamoDB
 や、データウエアハウス(DWH)のサービスのAmazon Redshiftなどを使い分
 けるとしている。
アマゾンは自社開発の業務アプリケーションは100%のDB移行を完了したが、
 一部の外部購入のアプリケーションはOracle DBと密結合しているために移
 行対象から外したとした。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
□ 発行 ........... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
□ 問い合わせ ..... dream071152@ybb.ne.jp 
□ 運営サイト...... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
□ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
□ バックナンバー.. http://zatugaku.at.webry.info/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
□ 発行システム
発行ホームページ
配信・解除 
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
        ↑
登録や解除は発行ホームページか、それぞれの発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載を禁じます
All Rights Reserved (c)2004-2019- by shadow
───────────────────────────────────

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント