情報化時代の雑学通信 vol.775

          2019.10.21 vol.775
情報化時代の雑学通信
     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    スマホとメール(6)

(2)パソコン情報       ドッキングステーション(4)

(3)ビジネス情報       ICカード(5)

(4)ショップ情報       書籍販売・古書販売(3)

(5)技術情報         宇宙論(1)

(6)その他          キャッシュレス決済アンケート
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
      スマホとメール(6)
───────────────────────────────────
スマートホンとタブレット端末が登場して急激に普及した事でケータイ(従来
 型の携帯電話)からの乗り換えが起きた、だがケータイで使用されたメール
 は日本の携帯会社独自規格のもので一般メールとの互換はなく、それはスマ
 ホでも同じだった。
スマホとタブレットでは一般メールとウエブメールをパソコンと同様に使用す
 る事が出来る、メール使用の為の準備はパソコンの場合と類似していて一般
 メール使用時はスマホのメールアプリでメールサーバの設定が必要になる。
ウエブメールはスマホとタブレットの場合でも、パソコンと同様にブラウザか
 らサーバにアクセスして、アカウントとパスワードでログインして使用する
 事が出来る、その場合は複数パソコンでの使用と同じ事になり、既読・削除
 等の管理も同様となる、受信と同様に発信も行える。
スマホとタブレットでは代表的なウエブメールを含む代表的なメールサービス
 では、ブラウザ経由ではなくスマホアプリを使用してメールサーバかウエブ
 サイトの直接にアクセスして使用可能となっている。
スマホとタブレットでは汎用メールアプリか、存在すれば専用メールアプリを
 使用する方法が一般的となっていて、設定もアクセスもシンプルに行える様
 になっている。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
      ドッキングステーション(4)
───────────────────────────────────
情報機器の進化は速いので新機能登場と高機能化と高速度化は絶えず起きてい
 る、パソコンやスマートホンやタブレット本体の買い換えでのそれへの対応
 は費用対効果でも設定や操作習熟面でも効率的な問題が多い。
機器等の進歩への対策・対応への要請をドッキングステーションに求める事が
 行われている、例えば処理速度が速くなるとメリットはあるが、一方ではそ
 の速度パワーを、操作性やマルチタスクやパワーの必要なアプリケーション
 の実行と外部機器接続に使う考え方が生まれる。
用途をモバイルに特化したスマホとタブレットやモバイル用のノートパソコン
 で、デスクトップパソコンや据え置き使用のノートパソコンでのみ使ってき
 たアプリケーションを動作させる考え方だ、その手段としてもドッキングス
 テーションが使われる。
電子機器では可能な機能と性能を全て本体に詰め込まず、必要な用途・利用者
 のみが平均的な本体に拡張機能で加えて使う考えが一般的であり、それは新
 機能・新能力についても適用される、追加費用が生じるが必要に応じて機能
 と性能を追加してレベルアップする考えだ。
この考え方は特にモバイル用途では特に重要視される。

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
      ICカード(5)
───────────────────────────────────
キャッシュカードとクレジットカードやプリペイドカードのメディアが磁気カ
 ードからICカードへの切り替えが進められて来た。
日本では、クレジットICカードは2001年から、パチンコ用プリペイドICカード
 は2000年から導入された、それに続いて、2004年からキャッシュカードのIC
 カード化が始まっている、日本国内発行のクレジットカードについては、IC
 カード化・カード決済端末のIC対応化を、割賦販売法の改正により2020年ま
 でに完了させる予定だ。
その理由は、スキミングなどのクレジットカード不正使用が急増して、その対
 策として従来型の磁気カード決済を廃止してIC又は非接触決済へ変更する事
 が急いで必要となっている。
2015年10月に、セキュリティの高いICチップ対応の信用照会端末を設置しない
 場合での不正使用被害がクレジットカード保証会社の損害保証対象外となり
 カード加盟店の自責扱いとなる制度変更があった、それがIC対応化を進める
 事とにもなった。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       書籍販売・古書販売(3)
───────────────────────────────────
一般には多い部数の印刷本が商業出版として一般書店で販売されており(多数
 が再販制として)、同じ商品が量産されて注文取り寄せ対象でもある、消費
 者から見れば書店取り寄せは時間はかかるが費用は本体料金だけであり、出
 版社への直接注文やネット通販は送料が必要で配達時間も掛かっていた。
ただしこの比較内容は、ネット通販の翌日配達や送料無料サービスの拡がりで
 逆転現象が起きている、出版社への直接注文でも費用面を含めたサービス内
 容が行われて拡がっている、これにポイントやクーポンが加わると実質の本
 体価格が変動している。
通信販売が拡がった当初は、ネット通販や出版社への直接注文は書店で見つか
 らない商品に向いているとされた、対象は少部数出版・自費出版・同人出版
 等であり、それに1品販売の古書販売を加えて、ロングテール本とその販売
 方法だとされ、インターネットを利用しての特徴だともされた。
ロングテール本の市場性は大規模商業出版社的には微妙だろうが、元々のロン
 グテール本の発行元は規模が小さく、古書店も規模の小さい小売店規模が多
 い、書籍・出版物にはインターネットを利用してのロングテール品の需要が
 存在する。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       宇宙論(1)
─────────────────────────────────----
2019年度のノーベル物理学賞は「宇宙の進化と宇宙におけるこの地球の立ち位
 置に関する人類の理解への貢献」として3氏が発表された。
ジェームズ・ピーブルズ教授は、「物理的宇宙論における数々の理論的発見に
 対して」が受賞理由であり、「太陽と似た恒星の周りを公転する系外惑星の
 発見に対して」の受賞理由でミシェル・マイヨール教授とディディエ・ケロ
 ー教授に授与される事になった。
ノーベル物理学賞では2000年代から素粒子・宇宙分野の受賞が増えて来ており
 、2010年代は素粒子・宇宙分野と物性分野とが、毎年交互に受賞していた、
 事前予想では2019年度は素粒子・宇宙分野の順番だと言われていたが結果も
 予想通りだった。
また素粒子・宇宙分野での、宇宙関係の受賞は、2011年度の「遠方の超新星の
 観測を通した宇宙の加速膨張の発見」に次ぐことになった。

───────────────────────────────────
(6)その他
       キャッシュレス決済アンケート
───────────────────────────────────
キャッシュレス決済促進に関するアンケート調査の結果が発表された。
キャッシュレス決済を「利用している」回答割合は全体の91.7%で、利用キャ
 ッシュレス決済サービスの内訳は「クレジットカード」が85.4%で次いで「
 プリペイドカード」が55.8%で、「スマホ決済」が35%だった。
主な支払い手段は「割とキャッシュレスで支払っている」が全体の75.2%で、
 「ほぼ現金で支払っている」は24.7%だった。
調査機関は「すでにキャッシュレスが主流になりつつあり、消費増税時のポイ
 ント還元によってさらにキャッシュレス化が加速しそうだ」と分析した。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
□ 発行 ........... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
□ 問い合わせ ..... dream071152@ybb.ne.jp 
□ 運営サイト...... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
□ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
□ バックナンバー.. http://zatugaku.at.webry.info/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
□ 発行システム
発行ホームページ
配信・解除 
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
        ↑
登録や解除は発行ホームページか、それぞれの発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載を禁じます
All Rights Reserved (c)2004-2019- by shadow
───────────────────────────────────

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント