情報化時代の雑学通信 vol.755

          2019.06.03 vol.755
情報化時代の雑学通信
     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    拡張機能(4)

(2)パソコン情報       トラックパッド(2)

(3)ビジネス情報       予約システム(3)

(4)ショップ情報       ホームセンター(1)

(5)技術情報         電波望遠鏡(5)

(6)その他          日本ベンチャー大賞
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
      拡張機能(4)
───────────────────────────────────
Firefox等のMozilla製品でのアドオンは、拡張機能とテーマとプラグインの総
 称を指すが、通常はアドオンは機能を追加するための小プログラムを指しそ
 してその手続きの事も指す、アドインと言う言葉も同じ意味で使われる。
後から機能拡張を行う為にはそれを可能にする為のソフトウェアが予め、後で
 アドオンを使用する事を前提として設計段階に組み込まれている必要がある。
基本になるソフトウェアを製作して提供する側からは見るとアドオンにより後
 で個々に必要な機能を追加出来る事で最初に搭載する標準機能を少なく絞り
 込むことが可能になる利点がある、一方では使用する個々のユーザーから見
 れば個別の要望機能をアドオンで提供されるならば利点になる、その結果と
 して基本のソフトウェアを基本機能のみとアドオン機能のシンプルな構成に
 できる。
例えばFirefoxなどのウエブサイト閲覧用ブラウザでは、そのアドオンは多数
 のユーザに利用されていて、開発者向けの開発ツールや開発方法が公開され
 ている、その結果としてサードパーティや一般の開発者からも多数のアドオ
 ンが提供されている。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
      トラックパッド(2)
───────────────────────────────────
マウスは位置を決めるタッチ動作と、位置を移動するドロー動作の2つの基本
 動作がある、それに加えてクリックという命令・指示動作のボタンを持たせ
 て殆どの入力機能をマウス単体に持たせた、それにハード機種やOSによって
 は追加ボタンやホイールを持たせている。
ノートパソコンでは本体上にキーボードと何かのポインティング・デバイスを
 設置して、デスクトップパソコンのマウス+キーボードの入力機能をカバー
 した、ポインティング・デバイスとしては、例えばトラックボール+ボタン
 であり、ポインティング・スティック+ボタンがある、これにトラックパッ
 ドが加わる。
ノートパソコンを固定使用するならば、マウス追加して使用する事と同様にタ
 ッチペン・タブレット等のデスクトップ用も全て使用可能性がある。
トラックパッドは小さな面積の板のパッドを指で触れるタッチ動作と、なぞる
 ドロー動作とに押すクリック動作を加えている、マウスより少ないスペース
 で、ディスプレイ画面とのGUIの操作環境でかなり直感的な操作が可能な特
 徴がある、モバイル使用に向いており、それ故にノートパソコンの標準的な
 ポインタとなった、幾つかのノートパソコンではスティックと合わせた双方
 を搭載している事もある。
タッチパネルが登場し、それがスマートホンで標準搭載となりその動作方法が
 一般的になると、操作方法がほぼ同じのトラックパッドも標準化方向になっ
 ている。

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
      予約システム(3)
───────────────────────────────────
インターネットが普及して、ネット上での予約システム利用希望者が増加する
 と、予約システムの具体的機能・用途とニーズが絞られてくる、その結果と
 してそれに対応した予約システムのレンタルが登場した。
予約システムの全ての自前開発は費用面でも技術面でも無理な事は多い、そこ
 では他の多くのネットサービスと同様に月額・年額のレンタルサービスが登
 場した。
予算が限られた店でも実店舗でもオフラインでも予約システムのレンタル使用
 のメリットは多いが、ネットショップやネット展開する場合でのオンライン
 システムの構築を目指す場合はオフライン場合よりも上位のトータルサービ
 スとして利用出来る意味がある。
レンタル予約システムはオンラインシステムとしての利点はほぼ全て利用出来
 ると共に、サーバーやウエブサイト制作と運営面でも一括サービスも存在す
 るし、詳しく無い利用者向けのサポート・サービスも提供されている。
その結果として現在では、レンタル予約システムとして専門知識が無くとも一
 般的なインターネット知識のみで使用可能になり、予約システムを組み込ん
 だウエブサイトが短い時間で製作出来る様になっている。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       ホームセンター(1)
───────────────────────────────────
ホームセンターも他の業種・業態と同様にネット展開が行われている。
日本ではホームセンターは、明確な定義も制限もないが主に日用雑貨や住宅関
 連設備や自動車関連の商品を販売する小売店を指す。
アメリカでは同じ意味の言葉は無く、近い形態としては金物屋や雑貨店だろう
 とされている。
ホームセンターで扱う商品は、個人の使用者が家庭で使う為に購入する設備や
 機器であり、その販売時に助言的な事を行い、あるいは個人の使用者が購入
 した設備を専門業者に取付させるサービスを行い、個人の使用者が設備等を
 改造したり簡単な修理したりする道具類や材料を提供する。
家庭の設備機器の選定方法・専門業者の選定方法の助言を受ける
 >SIY (Supervise It Yourself)
家庭の設備機器を使用者が購入し、専門業者にその取り付けを依頼する
 >BIY (Buy It Yourself)
家庭の設備機器の小修理や改造を使用者自身が行う
 >DIY (Do It Yourself)
家庭向け個人向けから始まって来たが、大型店では大工や配管工事の業務・プ
 ロ用の設備機器とその要求にも対応できる体勢を持つ動きがある。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       電波望遠鏡(5)
─────────────────────────────────----
波長が長い電波観測では大型のアンテナでも分解能が不足する、それを補う為
 に1940年代から電波干渉計が発明され開発された。
二つのアンテナを離して設置して、天体の電波を同時に観測してその位相情報
 を保持してケーブルで送り重ねあわせて干渉させる、空間分解能は二つのア
 ンテナの間の距離を直径とする電波望遠鏡の分解能に相当するので分解能を
 上げることができる。
実際にはアンテナ二つでは光量も・情報量も不足するので、アンテナを多数個
 配置して相互に結なげて一つの電波望遠鏡とする、地球の自転での電波源の
 回転の考慮も必要であり行い、全てのアンテナ間の受信電波の相関をとり最
 後に全データを変換して電波画像を得る。
電波干渉計はシステムは遙かに複雑になるが、空間分解能が向上して電波を出
 す天体の微細な構造を直接描き出すことが出来た。
例えばイギリスのケンブリッジの1マイル望遠鏡は、約 1.6km離れた2つのパラ
 ボラアンテナを使い高分解能を得た、アメリカでは直径25mのアンテナ27基
 を、40kmの範囲に配置して巨大な電波干渉計を構成した。
原子時計を使用して電波の位相を精密に決める事が可能になり、独立した2カ
 所で観測して記録して、集めたデータをコンピュータ処理することで天体の
 位置を決める大陸間干渉計も実用化されてきた。

───────────────────────────────────
(6)その他
       日本ベンチャー大賞
───────────────────────────────────
日本ベンチャー大賞は社会的インパクトのある新事業を創出した起業家やベン
 チャー企業を表彰して、社会全体のチャレンジ精神の高揚を図ることを目的
 として設けられ、今年で第5回となる。
2019/05/23に本年の表彰式が行われ、内閣総理大臣賞・経済産業大臣賞・農林
 水産大臣賞・審査委員会特別賞等が表彰された。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
□ 発行 ........... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
□ 問い合わせ ..... dream071152@ybb.ne.jp 
□ 運営サイト...... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
□ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
□ バックナンバー.. http://zatugaku.at.webry.info/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
□ 発行システム
発行ホームページ
配信・解除 
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
        ↑
登録や解除は発行ホームページか、それぞれの発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載を禁じます
All Rights Reserved (c)2004-2019- by shadow
───────────────────────────────────

この記事へのコメント