情報化時代の雑学通信 vol.754

          2019.05.27 vol.754
情報化時代の雑学通信
     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    拡張機能(3)

(2)パソコン情報       トラックパッド(1)

(3)ビジネス情報       予約システム(2)

(4)ショップ情報       ポイントカード(6)

(5)技術情報         電波望遠鏡(4)

(6)その他          ソニーと米マイクロソフトの提携
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
      拡張機能(3)
───────────────────────────────────
ブラウザにおける機能拡張はFirefoxが有名だが、Safariの「機能拡張」やグ
 ーグルのChromeの「拡張機能」やOperaの「アドオン」など多数のブラウザ
 が機能拡張に対応する。
これらの拡張機能はJavascript等のウエブ技術を活用しているが、一方では第
 三者の外部ライブラリのAdobe Flashを使用するものもある。
名称には混用される部分もあるが、「拡張機能」はブラウザ自体の機能を拡張
 する意味があるが、それに対してプラグインはFlash等のようにグラフィッ
 クへの対応を強化する機能でありブラウザ自体の必須機能には影響しない。
マイクロソフトのInternet Explorer(IE)も機能的にも完全に同一ではない
 がアドオンへ対応している、(IE)やChromeにはアドオンの管理という機能
 がある、ブラウザで異なるがアドオンの管理には5つの機能がある。
 ・アドオンの有効>一旦無効にしたアドオンを再び使用する。
 ・アドオンの更新>必要なアドオンに不具合があり、最新版の更新を試す。
 ・アドオンの無効>不必要か問題が発生したアドオンを無効にする。
 ・アドオンの削除>使わないアドオンをブラウザから完全に削除する。
 ・アドオンの報告>問題の情報を製作会社に報告する。
アドオンよりも軽量な類似機能にユーザースクリプトがあり、処理系のアドオ
 ンを追加して使用する、Chromeはユーザースクリプトにも標準で対応してい
 る。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
      トラックパッド(1)
───────────────────────────────────
パソコンにおける入力方法と装置はディスプレイとキーボードのセットが標準
 だが、それに加えてポインティング・デバイスが使用されてきた。
パソコン用としてはマウスとトラックボールが登場して、OSがサポートした事
 により標準機器として普及した、両者は原理的にも動作も類似しており球の
 回転で移動を伝える。
ディスプレイに対応した平面を指したりなぞり移動を伝えるタブレットやその
 精度を向上したデジタイザーもあるが、パソコン用としてはディスプレイ自
 体をツールとするタッチパネル方式が一部で使用され、フラットパネルタイ
 プやスマートホン用として後に普及した。
ノートパソコンが登場すると、ポインティング・デバイスとしてマウスはデス
 クトップ的な使用時のオプションとなり、モバイル使用として本体に付属す
 るポイント装置が多数提案された、その一つにトラックパッドがある、数cm
 平方の面積のパネルを指でなぞりマウスの動作を行う。

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
      予約システム(2)
───────────────────────────────────
予約管理のコンピュータ化・電子化は一般的な業務改善方法として組込まれる
 内容だが、そのメリットを拡大しようとすると電子化予約システムを構築す
 る方向に向かう。
電子化予約システムの構築を目指すとその延長に、オンライン化予約システム
 がある、ネット上に予約サイトを作りそこからの予約をコンピュータ化・電
 子化で自動化して予約システムに組込む方法だ。
一般的には完全な自動化へ切り替えずに、電話や現場の店舗等などからのオフ
 ライン予約も行いそれをシステムへ入力する、それでオンラインからの予約
 と合わせて全体を一括管理する事から始める事になる。
ネット経由の予約はオンライン化予約システム内で、自動的に管理されるので
 そのメリットは多い
 ・24時間365日無休で予約を受付ける
 ・入った予約は全て即時にシステムが管理する
 ・人手は不要で作業効率向上と共に、ミスが減少する
メリットは大きいが、初期には自前開発が必要であった為に多額の費用が必要
 だった、だがネットの普及で状況は改善されてきた。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       ポイントカード(6)
───────────────────────────────────
「共通ポイントカード」の展開から、参加企業が複数のポイントを採用する「
 マルチポイント」方式の採用が起きてチェーン店展開する外食店で進んだ、
 同時にポイントカードはクレジットカード等との提携が行われた。
ネットショップやネットサービスでは決済方法としてクレジットカードが多く
 使用されておりそれとの連携を図る意味もあり、デビット機能やキャッシュ
 カード機能を持たせたポイントカードが登場した、カード1枚で多機能が使
 えると謳った。
この流れはスマホアプリを利用した電子決済と、スマホを使用した非現金決済
 (キャッシュレス決済)の登場すると、その対応が必要となった。
移行方法としては発行済みカードの使用は引き続き行うが新規カードの発行は
 停止する、あるいは新規機能付きカードのみを発行する、等がある、これに
 伴いコンビニ店頭でのポイントカード発行停止や店頭端末での情報登録を終
 了するケースがあった。
一方では非現金決済サービスとの提携が行われた、例えば非現金決済機能付き
 ポイントカードへの加入や、非現金決済機能付きスマホアプリにポイントサ
 ービス連携機能を搭載する等であり、後者ではバーコード決済で支払いから
 ポイント取得まで一度に行える事になる。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       電波望遠鏡(4)
─────────────────────────────────----
電波望遠鏡のパラボラアンテナは精度を上げる為に軽量化が必要だが、電波に
 はその波長よりも小さい隙間がアンテナの受信面の金属面に有っても透過せ
 ずに反射される性質がある。
電波の上記の性質を利用する事で、アンテナの受信面の設計では軽量化を目的
 として幾つかの工夫が行われた
 ・受信面のパネルに穴を開ける
 ・多数の隙間があるパネルを組み合わせて受信面を構成する
 ・金網状の受信面を使用する
 それぞれの隙間は観測する電波の波長に応じて制限される。
電波の受信機はあらゆる部分でのノイズを減らす必要がある、材料や装置の特
 性には最大限のノイズの低減対策が行われるが、熱ノイズへの対策として装
 置全体を例えばマイナス270度の極低温に冷やして使用する。

───────────────────────────────────
(6)その他
       ソニーと米マイクロソフトの提携
───────────────────────────────────
ソニーと米マイクロソフトは2019/05/16に、クラウドゲームなどで戦略的提携
 を締結したと発表した。
両社はマイクロソフトのクラウドを利用して、ゲームやコンテンツのオンライ
 ン配信を行ってゆくとした。
マイクロソフトはクラウドコンピューティングサービスの強化を狙う。
両社はソニーの画像センサー半導体とマイクロソフトの人工知能技術を利用し
 て、新しい画像センサー半導体の開発を行うとした。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
□ 発行 ........... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
□ 問い合わせ ..... dream071152@ybb.ne.jp 
□ 運営サイト...... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
□ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
□ バックナンバー.. http://zatugaku.at.webry.info/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
□ 発行システム
発行ホームページ
配信・解除 
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
        ↑
登録や解除は発行ホームページか、それぞれの発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載を禁じます
All Rights Reserved (c)2004-2019- by shadow
───────────────────────────────────

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック