情報化時代の雑学通信 vol.745

          2019.03.25 vol.745
情報化時代の雑学通信
     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    モバイル位置情報(6)

(2)パソコン情報       音源出力装置(4)

(3)ビジネス情報       人工知能将棋・囲碁(5)

(4)ショップ情報       通販荷物受取方法(3)

(5)技術情報         磁気共鳴(1)

(6)その他          さくら開花前線
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
      モバイル位置情報(6)
───────────────────────────────────
現在ではほぼ全ての携帯電話やスマートホンにGPSが搭載されており、無線送
 受信機機能と合わせる事で位置情報を得ている。
過去にはモバイル機器の能力が弱かった時代には基地局のサーバで位置情報を
 計算してモバイル端末に送り返す方法も使われた、現在でもGPS信号を受信
 し難い場所では携帯電話の基地局情報を利用して位置情報を調べる方法を行
 っている。
カーナビ等のナビゲーションシステム機器やスマホアプリでは、地図情報をサ
 ーバ側に保有して絶えず最新の地図をモバイル機器に提供して周辺の付加サ
 ービス情報提供を実現する。
ナビゲーション・位置情報を多様なモバイル機器で利用する試みは多数あり、
 スマホよりも処理能力が低い場合でも、基地となるサーバでの位置計算やサ
 ーバ側のサポートを利用すれば多様な用途が実現できる。
スマホは自然災害時の一斉通知機能が注目されているが、警察や消防へ緊急連
 絡をした場合には、通報を受けた側から発信者の機器へGPS情報の送信を要
 求して現在位置の早期把握を行う等の新規利用が考えられている。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
      音源出力装置(4)
───────────────────────────────────
PC用スピーカーにもハイレゾ対応がある、ハイレゾとはCDを超える音質の音源
 であり、ハイレゾとは元々はパソコン画像の高解像度を示す用語で標準より
 も上回る高密度なものを指す、「密度が高い」意味からデータ化音源でもハ
 イレゾという言葉が用いられた。
演奏家が録音したマスターテープは高いクオリティのハイレゾであり、それに
 対して例えばCD音源は、音楽メーカーが録音したマスター音源を加工する時
 に高域帯の音を約20kHzで切る事でデータ容量を節約している、人間の耳で
 は判らないレベルだが、必ず元の音源よりも音質は低下している。
CD音源だけでなく例えば音楽配信サイトでも、音源を圧縮してデータ量を小さ
 くして配信するケースが多い。
音源をデータにする時に高い音域をカットする時にカット率を減らして、より
 多くの情報を残した密度の高い音を「ハイレゾ音源」と呼ぶ。
Bluetoothで接続したスピーカーは音質も良い事から使用が増えたが、接続が
 面倒な事もあった、そこでケーブルを無くしたワイヤレスのスピーカーが登
 場して同室内では離れた位置でも使用可能となった、PC用としてはキーボー
 ド・マウスを含めてケーブルレスの無線接続の需要が増えて来たし、スマホ
 でも同様の無線接続が多く利用されている。

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
      人工知能将棋・囲碁(5)
───────────────────────────────────
囲碁は「盤面が広い」「データベースが膨大」「評価関数が難しい」等の理由
 でチェスと将棋と比較した時の実現可能な全局面数が多く、その為に強くな
 るには時間が長く必要だと予想されていた、実際は短期間で強くなった。
囲碁はルール上から局面の流れが緩く最善手と次善手以降の差が少ないとされ
 てその事からモンテカルロ法の手法が現れた、モンテカルロ法は例えば正方
 形に内接する円の面積を計算する場合には正方形内にランダムに針を多数回
 落として円に入る確率を計算する、その回数を多くすれば確率が正解に近く
 なるという方法だ。
候補手をシミュレートして勝ち負けを決め、候補手の勝率を調べて優劣を評価
 する、勝率の比較判定はそれ以前の評価関数よりもコンピュータの計算力を
 生かせて効果があった、その後にも候補手選びの方法やシミュレートの効率
 化等の改良が行われた。
米グーグルの囲碁AI「アルファ碁」が登場してその膨大な計算力で、人間の
 定跡を使用せずに、ゼロからランダムな手とそのシミュレートを繰り返し学
 習する手法(機械学習)で強くなった。
囲碁AIはその後も進化しており、その結果として稼動するハード機器の条件
 が緩和されてきた、現在ではアマゾンやグーグルのネットワークとクラウド
 サービスを使用して通信する事で個人レベルでのローカル環境でも高度の囲
 碁AIが使用可能になってきている。
同時に囲碁AIから導入されたソフトと機械学習は、チェス・将棋や他のゲー
 ムでも有効だと示されてきた。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       通販荷物受取方法(3)
───────────────────────────────────
再配達効率を上げる必要性は、例えば単身者では在宅する休日配達や夜間時間
 配達へのみ対応可能だが、それは配達側と受け取り側の連絡の交渉後となり
 、双方の条件的な歩み寄りが必要だ。
似たことは郵便物配達ではそれ以前からあった、配達側は持ち帰り一定期間の
 保管と連絡待ちだ、再配達依頼するか受取人が保管局に出向いて受け取る、
 郵便小包の扱いも同様だ、宅配便でも基地局である配送センター留めまたは
 そこでの引き取りが行われてきた。
どちらも不在者通知票(取扱番号)と本人確認書類(免許証等)が必要となる
 、代理人の受け取りも手続きを行えば可能だ。
ただし通販大手業者を中心にして進めてきた翌日配達やそれに準じる最短日配
 達サービスの趣旨からは最後の受取で達成できない、これは生鮮食品を中心
 にした低温度便での配送を含めた通販総量の拡大のネックとなっている。
特に現在では、宅配業者自身が再配達効率悪化を含めた配達能力と配達人員の
 確保と労働環境改善問題から、宅配料金の値上げと配達時間の制限を行い、
 宅配業者・配達員への負担が大きい商品・通販業者の扱い量の見直しを行っ
 ている。
宅配配達側は自身と受け取り側の双方にお課題となる再配達効率改善方法を模
 索しており、いくつかの受け取り方法を検討して始められている、基本の考
 え方は受取人が取りに行くのだが、行きやすい場所での保管と引渡しを可能
 にする事だ。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       磁気共鳴(1)
─────────────────────────────────----
強磁性の性質を持つ物質に外部磁場を掛けると、物質の磁気モーメントが一方
 向に揃い磁化する、これは静的な現象だが外部磁場の方向を反転させると物
 質の磁化も反転する、外部磁場の方向の反転を交流的に繰り返すと物質の性
 質上で対応できる範囲の周波数で磁化も動的に追従するが、追従できなくな
 ると遅れや非反応へと変わる。
これは電荷と動的電場での現象と同じであり、電磁波は動的な電場の変化であ
 り、周波数が異なると透過・吸収・反射等の現象が起きる、色々な現象もそ
 こに生じる。
物質をミクロにした分子や原子でも事情は同じだ、それらが強磁性を持ってい
 る場合にはマクロな物質と同様に外部磁場により磁化が起きる、外部磁場が
 動的な周波数で変化するとミクロな分子や原子が持つ性質によりマクロな現
 象と類似した現象が起きる。
マクロな物質の磁性発生原理でもある、電子が持つ量子力学的なスピンによる
 磁気モーメントによる磁性と、原子の原子核内の不対電子から発生する磁気
 モーメントを原因にする磁性が存在する、そしてその磁性に対して外部磁場
 を動的に掛けると原子や分子の性質により異なる反応が起きるので、それを
 観測する事で性質を調べることが出来る、それが磁気共鳴だ。

───────────────────────────────────
(6)その他
       さくら開花前線
───────────────────────────────────
日本気象協会発表が第5回の桜開花予想をデス2019/03/20に出した。
 https://sakura.weathermap.jp/
開花・満開の定義、開花・満開予想の算出手法などが公開されている。
沖縄・奄美を除く開花日は、3/20の長崎・高知は予想内だが、3/21の東京・横
 浜・岐阜・名古屋は地理的に予想外だ。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
□ 発行 ........... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
□ 問い合わせ ..... dream071152@ybb.ne.jp 
□ 運営サイト...... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
□ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
□ バックナンバー.. http://zatugaku.at.webry.info/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
□ 発行システム
発行ホームページ
配信・解除 
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
        ↑
登録や解除は発行ホームページか、それぞれの発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載を禁じます
All Rights Reserved (c)2004-2019- by shadow
───────────────────────────────────

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック