情報化時代の雑学通信 vol.717

           2018.09.10 vol.717
情報化時代の雑学通信
     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    気象情報(2)

(2)パソコン情報       コンピュータゲーム機(6)

(3)ビジネス情報       ネット&ビジネスソフト(1)

(4)ショップ情報       産地直売(5)

(5)技術情報         機械製図(3)

(6)その他          3Rキャンペーン
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
      気象情報(2)
───────────────────────────────────
収集した気象情報は天気予報・気象予報として利用して公開されて来た、対象
 となる地域は本来は限定されないが、実用的には日本周辺とその中に含まれ
 る個別地域だ、ただし需要があればそれ以外(海外情報や超局地情報)も情
 報入手て公開の可能性はある。
天気予報・気象予報は情報収集とその解析も、そこからの予測も科学技術であ
 り、他の科学分野と同様に進歩して来ている、その中に気象衛星や固定観測
 網(有人・無人)運用や、リアルタイムの情報収集という通信技術も含まれ
 る。
天気予報・気象予報が進歩して普及して来たのは、需要・ニーズが有ったから
 であり例えば新聞・ラジオ・テレビ等のマスメディア向けであり、そこにイ
 ンターネットなどのメディアも加わり一般向けの天気予報等として提供され
 て来た。
一般向けの天気予報等以外でも、例えば船舶用や航空機用予報等の分野特化予
 報が複数ある、軍事用途は非公開部も多いが各国共に需要は大きく、日本の
 自衛隊も独自の組織として気象情報を扱う部署を設けている。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
      コンピュータゲーム機(6)
───────────────────────────────────
パソコンとパソコンゲームは普及したが、その内にパソコンは例えば年4回の
 様な高い頻度で機種のモデルチェンジが行われて基本性能に当たる部分も変
 更されて行った、その変更や機能・性能の向上を期待する事もあったが、パ
 ソコンゲームとして見ると寿命が短くなり、ハード機器の互換性確保や新機
 種用のマイナー変更作業にゲームメーカーが追われる事となった。
一方のゲーム機はパソコンと比較すると機種変更頻度が少なかった、それは専
 用機としてのゲーム機では単一の機種を長期的に渡って基本性能を変えない
 ままで販売し続ける事でそのハード機種を商品寿命が長い、ひとつのプラッ
 トフォームとして消費者やゲーム開発メーカーに認めてもらう狙いがあった。
パソコンとパソコンゲームと専用のゲーム機とは、併行して異なる発展をして
 ゆく事になった、その後のビジネス用途のパソコンの普及によるパーソナル
 用途との棲み分けではパソコンゲームの位置付けが異なる事になった。

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
      ネット&ビジネスソフト(1)
───────────────────────────────────
ビジネス用途のパソコンの選定ではOSソフトの比重が高い、社内ネットワーク
 に接続して使用しグループウエアでソフト的・ネットワーク的に接続する時
 の互換性が必要だからだ、管理者にとってはメンテナンスも重要であり、OS
 はバージョンを含めて互換性を確保したいと考えた。
OSソフトは、例えばマイクロソフト社のウインドウズを例にしても、ダウンロ
 ードによるメンテナンスが度々行われている、インターネット常時接続時代
 ではネットから侵入してくる脅威は多く、それに対してインターネットでの
 メンテナンスは必要不可欠な対抗手段だ、同様に外部脅威に対応するウィル
 ス対策ソフトとそれの日々のメンテナンスも必須だ。
ビジネスソフト・オフィスソフトは過去はローカル状態で使用されたが、現在
 はインターネット常時接続状態で使用するし、データをネットで送受信する
 事も通常作業に組み込まれている、そこではネットから侵入してくる脅威が
 存在する、そこでは対抗手段としてオフィスソフトもネットを通じてのメン
 テナンスが頻度の差があるが行われ、ソフトウエアは最新バージョンに更新
 する必要がある。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       産地直売(5)
───────────────────────────────────
産地直売ビジネスにおいて通販システムソフトの問題は大きい、インターネッ
 トを使用したネットビジネスであり、店舗としてのウエブサイトの自動受注
 機能は今では一般的であり、自動応答から始まりそこからの事務作業を如何
 に効率的に行うかはネット通販全般の課題であり、産地直売でも同様に重要
 だ。
産地直売では販売品がロングテール品だとか・1品物だとか・日替わりだとか
 予約商品だとかして小回りな対応が必要も事が多い、性能の高いシステムの
 開発は容易ではなく、そこではシステム開発してそのソフトを提供するサー
 ビスが登場している。
基本的にはインターネット通販用のツールとシステムは有用でありそれらの個
 別のツールのレンタルが行われている、またネットの通販専用のモールでは
 既にシステムを構築しているので参加する事で既存システムが使用可能にな
 っている、ドメインとサーバスペースの使用と共にモール参加の有効性の1
 つだ。
インターネット上で流通事業を展開する企業は流通システムは必要であり、例
 えば宅配業者では地域の集配・受注から長距離移動し、配達先の地域の基地
 で末端の配達便に載せ替えて、宅配する業務がシステム化されている、それ
 に顧客情報や関連業務も繋げる。
それぞれの保有するシステムを統合して、受注からデータベース登録、宅配急
 便伝票や決済・請求作成書等の全て作成する販売実務に加えて商品管理と販
 売分析と営業活動も行うシステムが作られており、開発したシステムを有料
 提供するサービスが行われている。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       機械製図(3)
─────────────────────────────────----
製図用のCADのみを考えてもコンピュータシステム使用の利点は多い、CADを使
 用しなかった時は鉛筆・定規・コンパス等の文具を使用して、製図台で製図
 作業を行ったが記入作業だけでも初心者には難しく熟練作業だった、図形は
 多数の補助線を利用して全体が図面に入る外枠を描いて、その内部に詳細を
 書き込んで行く。
直角平行な図形単体をのみ用紙中央に描く訳ではなく、角度のある図形や回転
 した図形や曲線も同様に扱う、幾何学的な図形作成能力が必要である、作業
 は座標計算の繰り返しであり関数電卓とプログラミング電卓の登場以降はこ
 れらの使いこなし能力が技能を左右した。
複雑な製図作業は全体図を作成して、個別の詳細図面を制作する手段が使われ
 た、人間が描ける図形の拡大度は限られており低すぎると必要な内容が記入
 出来なく、逆に不必要に拡大すると枚数が多くなり、図面が読み難くなる。
それぞれ全てが特殊技能者と経験者のみが可能な作業だったが、これが製図用
 のCADを使用するとパソコン画面上のディスプレイで図面全体の一部分を拡
 大と縮小表示して描くので鉛筆等の実の記入作業は無くなり、座標計算はコ
 ンピュータが行い作業者は指定するだけになる、パソコンとCADソフトのオ
 ペレーターがおれば作図が可能となり、そのオペレーターも特殊な技能者で
 はない。

───────────────────────────────────
(6)その他
       3Rキャンペーン
───────────────────────────────────
環境省では2017年より「3Rキャンペーン」をプロデュースして始めている、消
 費者が買物を通して3Rや資源の大切さを認識して、省資源商品を選択して使
 用する事に結びつけることを目的としている。
3Rとは「リデュース:ごみの発生抑制、リユース:再使用、リサイクル:再生
 利用」だ。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
□ 発行 ........... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
□ 問い合わせ ..... dream071152@ybb.ne.jp 
□ 運営サイト...... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
□ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
□ バックナンバー.. http://zatugaku.at.webry.info/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
□ 発行システム
発行ホームページ
配信・解除 
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
        ↑
登録や解除は発行ホームページか、それぞれの発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載を禁じます
All Rights Reserved (c)2004-2018- by shadow
───────────────────────────────────

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック