情報化時代の雑学通信 vol.664

           2017.09.04 vol.664
情報化時代の雑学通信
     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    インターネットテレビ(3)

(2)パソコン情報       キーボード(1)

(3)ビジネス情報       働き方改革(2)

(4)ショップ情報       ポータルサイト(6)

(5)技術情報         エネルギー(4)

(6)その他          大規模ネット障害
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
      インターネットテレビ(3)
───────────────────────────────────
日本ではインターネットテレビは通常のテレビ局とその放送内容ではなかった
 が、多様な制作会社やインターネットサービスプロバイダやポータルサイト
 運営者などの既存のテレビ局以外の企業によって進められた。
従って内容はテレビ局に依存しないものが主体になり、自身でコンテンツを持
 ち映像を製作出来る芸能プロダクション等が独自か提携で参入することもあ
 った、既存の映像コンテンツを保有する者はそれをインターネットで配信す
 る可能性を考え始める事になった。
インターネットテレビのサービスは有料から始まりその後もそれは多い、課金
 方法はインターネットテレビのみのサービスか例えばポータルサイト内のコ
 ンテンツの一つとして成立するものでは異なる、後者は集客目的をも含むの
 で単独の採算性だけで運営されない。
最初から無料配信は模索された、例えば番組の途中に広告を流すことや番組中
 でも画面外にバナー広告を掲載する事が行われた、また有料コンテンツの中
 に無料のコンテンツを一部混ぜる事も最初から現在まで行われている。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
      キーボード(1)
───────────────────────────────────
日本語の特性からそれはキーボードとは馴染まなく文化的に離れていた、欧米
 で大型コンピュータと類似のキーボード形状・配列を備えたパーソナルコン
 ピュータが登場して、それが日本にも持ち込まれた。
キーボードとしてはアルファベットと数字と記号を全て扱うフルキーボードと
 、数字入力に限られた数字キーボードが導入された。
コンピュータ用のキーボードとしては、フルキーボードだけの小型のものと、
 フルキーボードに数字キーボードを並べて設置した大型のものが併行して導
 入された、後者は数字入力は2種類のキーに割り当てられている。
初期のコンピュータは、コンピュータが扱う2進数の表現である16進数を扱う
 ために10進キーボードを16進キーボードとして使用した、16進数はその後も
 プログラム的には使用されたが、パーソナルコンピュータとしては姿を消し
 て行った。

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
      働き方改革(2)
───────────────────────────────────
情報・ネット・関連機器が絡む内容としては勤務形態がある、労働力・担当者
 が人自体の存在・移動を絶対条件とはしない業務に関してはネットや通信等
 で可能性を広げる事を考えられる。
物の移動としては陸送と空輸送の宅配便が普及しているし、情報に変換出来る
 文書・画像・映像はファックス・電子メールを始めとする多数のインターネ
 ット上の送付手段が普及している。
現在では、クラウドシステムを使用したデータやプログラムの共有化の実業務
 への導入が検討されて、実現されつつある。
人の移動については、電話と電子メールでの情報交換での置き換えが進んだ、
 それに加えてテレビ電話とテレビ会議が普及した、それらを活用した時は会
 議の為の移動時間と費用を省く事が出来る、その手段は会議以外の個人業務
 へ適応が行われ始めている。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       ポータルサイト(6)
───────────────────────────────────
ネットショップ開業サポートサイトが、複数にインターネット上で出店を勧め
 ている、ネットモール自体が出店を探す広告サイトもあるが、ネット特有の
 比較サイト・まとめサイトというアフリエイトサイトや広告宣伝サイトも乱
 立する。
広告サイトを見れば現在の有力ネットモールが判り、そこにはポータルサイト
 を含むショッピングモールと、ショッピングツール等を提供するネットビジ
 ネス群が混ざる。
前者は既存の集客があるサイトに加入するタイプであり集客は始めから期待出
 来るが条件も利益も制約される、実店舗ではデパートやショッピングセンタ
 ー内に場所を借りる形と似る、後者はツールからショップサイトを作り上げ
 てゆくタイプであり新規開店になる。
ポータルサイト型と成長した巨大ネットモールは、新しい出店者を集めて規模
 と商品を増やすと共に販売手数料収入を獲得する事になる、モール以外のポ
 ータルサイトはそれぞれの集客の強みに応じて広告宣伝ビジネスを勧めて行
 くので、ネットモールの扱いが異なる事になる。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       エネルギー(4)
─────────────────────────────────----
エネルギー保存則が確定して、しかもそれが経験則ではなくて自然法則となる
 と適応範囲が一気に広がる、「仕事」と「熱」の保存が原子レベルの考察で
 エネルギー保存則に繋がったが、それは例えば宇宙規模でも適応される。
宇宙規模の事は実験出来ず観測にも制約は多いが、そこにエネルギー保存則が
 適応される事は新たな推察が広がる。
宇宙のエネルギーのトータルが保存される=一定だという事になった、その次
 の課題はその量はどれくらいだろうかだ。
観測されるエネルギーは膨大に見える故にエネルギー総量は無限大と考えた時
 代もあった、またアインシュタインの質量とエネルギーの等価式(エネルギ
 ー=質量+(光束の2乗))が知られてからはますます膨大だと考えた時代
 もあった。
だが力には反発力と引力がある、引力が働く事は物体のエネルギーを減少させ
 る事は位置エネルギーから判る、引力をマイナスのエネルギーとすると宇宙
 全体のエネルギーは少ないと判ってくる。
物体(例えばロケット)の地球からの脱出速度は研究されている、宇宙の膨張
 についても同様な考察を行うとどこかで膨張が止まる所があると考える、そ
 こではエネルギーもプラスとマイナスがつり合った状態と考えられて、総エ
 ネルギーがゼロと考える事が出来る。

───────────────────────────────────
(6)その他
       大規模ネット障害
───────────────────────────────────
大規模のインターネット障害が発生して、その原因はグーグルの設定ミスだと
 された。
インターネット回線はバラバラのものが相互に接続しあう回線網で形成された
 、それ故に回線の品質はバラツキはある、逆に迂回回線が組み合わさった編
 目状になる為に災害・障害に強いとされた、どこかに障害が発生しても迂回
 回線で通信出来るからだ。
元々は個々のインターネット環境提供者だったが、それらがグループを作る事
 に代わった、次にそれをまとめる形の巨大統合提供者が現れて全てをまとめ
 る様に変わった、その代表がグーグルだと言う。
グループと巨大統合者がまとめる事に依って、コストダウンになり品質が安定
 するとされた、だがその状態は個々が回線網を形成する状態では無くなって
 おり、巨大グループ内で発生した障害はその内部に広がり、迂回回線が機能
 しない結果になったようだ。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
□ 発行 ........... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
□ 問い合わせ ..... dream071152@ybb.ne.jp 
□ 運営サイト...... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
□ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
□ バックナンバー.. http://zatugaku.at.webry.info/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
□ 発行システム
発行ホームページ
配信・解除 
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
        ↑
登録や解除は発行ホームページか、それぞれの発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載を禁じます
All Rights Reserved (c)2004-2017- by shadow
───────────────────────────────────

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック