情報化時代の雑学通信 vol.559

           2015.08.31 vol.559
情報化時代の雑学通信
     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    自動更新(6)

(2)パソコン情報       数字キー(4)

(3)ビジネス情報       立ち読み・試用(5)

(4)ショップ情報       予約(3)

(5)技術情報         自動車(1)

(6)その他          学力テスト
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
      自動更新(6)
───────────────────────────────────
アップデートの事を話題にしたが、全面的なソフトの更新も含まれる、データ
 の更新や部分的なバッチ対応のみでは無理になれば、ソフトの大幅な更新が
 必要になる。
手作業でアップデートを行った人には判るが、既存ソフトのアンインストール
 という動作が最初に必要だ、未経験で基本的に簡単と思っている人もいるが
 単純な削除ではなく、OSのアンインストール機能で行う必要がある、そして
 時々OSのバグが発生してソフトは削除されてもOSでは存在する認識のままと
 なる事がある。
カスタムとか手動は全て作業者がトラブルに対応出来る事が前提だ、自動更新
 では簡単に見える作業が実は非常に中級者でも難しいとの認識が必要だ。
自動更新が選べる場合は、中級者までは使用を前提にするのが無難だ。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
      数字キー(4)
───────────────────────────────────
携帯電話は基本は数字キーだが、並びはパソコンとは上下が逆だ。
発祥が異なる為や、直ぐに用途が重なると予測出来なかったようだ。
タイプライターから繋がるパソコン用のキーボードと、固定電話のプッシュホ
 ーンから繋がる携帯電話のキー配列は、開発主導メーカーの差もあり独自に
 進んだ。
ただし、携帯電話は数字キーに多くの文字が割り当てられる変更に直ぐに進み
 、数字キーの性格を短い期間で変えた。
それは、電卓がシンプル機能から関数電卓等の多機能へと開発された経緯と似
 ているし、その後は併用されている経過とも似ている。

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
      立ち読み・試用(5)
───────────────────────────────────
立ち読み・試用の増加とメリットを述べて来たが、何事も悪用もあれば、そう
 でなくても注意事項は通常通りある。
後者としては、試用の後の有料使用への移行手続きの確認と作業だ。
既に述べて来た様に、試用解除をしないと自動で有料使用への移行するのが圧
 倒的に多い、試用で止める人には解除作業は面倒と思う人はいるだろうが、
 継続使用する人もいつかは契約解除は1度は行う事になる事が多い。
継続忘れで障害があるよりは自動移行の方が問題は起きにくい判断だ。
試用は有料使用への移行は必ずしも前提にしていないし、前提ならば試用とは
 呼べない、ただし多くの人が読まないまたは読めない膨大な注意書き・承認
 書に継続使用義務を記載する詐欺的行為が存在する。
個人で対応が困難な時は消費者センター等に相談する事になるが、事前に確認
 出来る事は行う事が利用者にも求められる。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       予約(3)
───────────────────────────────────
ネットはロングテール商品を復活させたと言われる。
少数の供給量の商品を、少ない需要者に提供する。
商品に在庫がある場合もあるが、注文生産になる事も多い、また商品によって
 は入荷の有無や時期が不明のものもある。
後者は、注文生産というよりも予約注文と呼ぶべき性格だ。
例えば、農業・漁業で収穫して入荷したら販売する、手作業で生産量が極めて
 限られていて完成順序待ちになる、古書や骨董などで入荷するかどうかが不
 明だが見つかれば購入したい(価格条件が加わる事もある)。
ネットならではのロングテール商品には、予約が付きものでそれが可能になっ
 たのもネットの普及の効果だ。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       自動車(1)
─────────────────────────────────----
自動車という複雑で多機能な商品が、高価であっても市販され膨大な数量が普
 及している事は現代の奇跡と感じる。
科学や技術には、大きな進歩は戦争や軍事で起きると言われて来た、費用対効
 果に制限されない開発が進歩をもたらす意味がある。
絶えず費用対効果を要求される民生分野では、同じレベルは無理だが市場と関
 連分野が大きければ、費用対効果に制限されながらも科学や技術に大きな進
 歩をもたらす開発ターゲットになり得る。
交通関係はその1つだが、個人使用での普及という面では自動車産業の存在は
 大きいし、その動向や将来性や技術開発は殆どの産業が注目しているし、
 科学・技術的にも注目される。

───────────────────────────────────
(6)その他
       学力テスト
───────────────────────────────────
学力テストが奇妙に話題になっている。
文部科学省が定期的に実施して、全国学力・学習状況調査を行うとしているの
 だが、結果公表は現在のスタンダードで、それで地域順位が自然に付いて、
 下位の地域自治体には色々な所から不満が出る。
テストには対策が付きものだから、本当の学力を見ているのかは当然に疑問は
 あるが、意味があるとする意見があるのなら内申書に利用する考えが出ても
 は否定する根拠はない(賛成意見が多い訳でない)。
結果分析に、過去問題を参考にした対策が進んだとあるが、テストとはそうい
 う性格だ、独自に行う事自体が無理な理想なのだろう。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
□ 発行 ........... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
□ 問い合わせ ..... shadow@ktit.bizz.st
□ 運営サイト...... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
□ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
□ バックナンバー.. http://zatugaku.at.webry.info/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
□ 発行システム
発行ホームページ
配信・解除 
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
        ↑
登録や解除は発行ホームページか、それぞれの発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載を禁じます
All Rights Reserved (c)2004-2015- by shadow
───────────────────────────────────

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック