情報化時代の雑学通信 vol.557

           2015.08.17 vol.557
情報化時代の雑学通信
     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    自動更新(4)

(2)パソコン情報       数字キー(2)

(3)ビジネス情報       立ち読み・試用(3)

(4)ショップ情報       予約(1)

(5)技術情報         小型部品(5)

(6)その他          スマホの国内生産
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
      自動更新(4)
───────────────────────────────────
OSのアップデートは自動更新を選んでいる人は多い。
少なくとも、更新の存在とダウンロードの案内の画面表示は選んでいるだろう。
基本ソフトのアップデートは少なくともインストールはバックグラウンドでは
 無理で、全ての動作ソフトを止めてインストールと再構成を行う必要がある。
アップデートによりシステムが動作しなくなる事は、現実にあるのでパソコン
 に、元の状態に戻す機能が必要だ、バッテリー駆動でない場合は停電等のリ
 スクもある。
またハードメーカーによっては、BIOSや起動システムに独自機能を設定してい
 る事もあり、同一アップデートが全てのハードで動く保証もない。
ハードとソフトが、同一メーカーがサポートしている場合はそのリスクは少な
 い。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
      数字キー(2)
───────────────────────────────────
「数字キー」とは初期のキーボードのキー以外の意味で、以降に追加された多
 くのキーを指す。
代表的に「テン・キー」とか「数字入力キー」とか、主に11個のキーで数字
 を早く入力する機能を求める用途があり、それがフル・キーボードの右端に
 設けられたり、専用の「テン・キー」が発売されている。
数字入力は、タッチタイピングで入力出来る位置に存在し、数字のみを早く入
 力する用途がなければ必要ない、ただしタッチタイピングしない人はかなり
 使用する。
とにかく、これを代表にしてスペースが減ると省くキーは大体決まっている。
ノート・パソコンでは、むしろ「数字キー」が無いのが普通で、出来るだけ全
 体を変更したくないなら「数字キー」を無くすのが合理的と考えた。

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
      立ち読み・試用(3)
───────────────────────────────────
長期使用と更新とその初期の試用とは繋がりがある。
それでは、長期連続使用者には特権がない事になるので、商品やサービスに連
 続の優位さがなければ、長期割引や多様なサービスで繋ぎ止める必要が有る。
継続利用者には、あまり聞きたくない乗換サービスや割引は利用者が飽和傾向
 でシェア争いをすると生じる。
誰が得をするのかどうかは、短期的だけでは判らないし、どこの分野でもブラ
 ックリストは存在する。
立ち読み・試用から始まるサービスは、一時的には採算性無視になる可能性は
 あるが、中期・長期的には採算とサービスのバランスが取れた所で落ち着く
 ものだ。
それは口コミや風評だけではなかなか判らない、実使用者が詳しいのは当然だ。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       予約(1)
───────────────────────────────────
実生活でも予約は多い、予約以外はほとんどない製品やサービスも多い。
ネットでは、それらがそのままに持ち込まれるが、それに多くの予約が加わる。
追加で加わった予約製品やサービスは、実生活での予約に影響を与えるし、独
 自の競争も生む。
競争が出来ると、予約を前提にしたサービスが生まれ、実製品販売だけのショ
 ップに差別化を付ける事も可能になる。
予約の増加は、流通システムも変える事になる。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       小型部品(5)
─────────────────────────────────----
部品の歴史は、小型化と集積化の繰り返しで進んだ過去がある。
小型部品は絶えず、集積回路等に組み込む事を狙われる。
集積回路等に組み込め難い部品が、単独部品として生き残って来た。
集積回路の材料と機能シュミレートでは実現出来ないものだ。
ならばと、1部品形態に多数の部品が組み込まれたものが要求されて、製造さ
 れる方向もある、どこかが実現すると他のメーカーが追従できないと独占さ
 れる。
組み込まれた機能で見れば、それもまた小型化と言える。

───────────────────────────────────
(6)その他
       スマホの国内生産
───────────────────────────────────
スマホの国内生産がなかなか上がらない。
円高で輸入品が値上がりするが、価格の影響は商品のカテゴリで異なるようだ。
まだまだ日本の景気は、価格が安い物だけに動くまで行っていない様だ。
価格で決める商品と、そうでない商品の区別が付くかどうかが販売者の悩みと
 経営力となりそうだ。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
□ 発行 ........... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
□ 問い合わせ ..... shadow@ktit.bizz.st
□ 運営サイト...... shadow http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
□ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
□ バックナンバー.. http://zatugaku.at.webry.info/
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
□ 発行システム
発行ホームページ
配信・解除 
        http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
        ↑
登録や解除は発行ホームページか、それぞれの発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
このメールマガジンの無断転載を禁じます
All Rights Reserved (c)2004-2015- by shadow
───────────────────────────────────

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック